電力自由化は比較すれば更に費用を抑えられる

電力小売の自由化

電力自由化により新たに参入する会社が電気小売りを開始し、消費者が自由に電力会社を選べるようになりました。その最大の狙いは、多くの会社を参入させることにより競争を活発化させ、電気料金を抑制させることにあります。

業者を決めるポイント

電気設備工事店を決めるときには、いくつかのポイントがあります。依頼する工事が得意かどうかをホームページで調べて下さい。社員教育がしっかりできていて、丁寧な説明をしてくれるか、施主の希望することを実現するために複数の提案をしてくれて、細かな見積もりをだしてくれるかといった点をもとに業者を決めて下さい。

お得に電気を使おう

困る女性

プランや仕組みを理解する

日本では、今までは地域ごとに決められていた電力会社と契約をし、電気料金を払っていました。それが2016年の4月から【電力自由化】となり、各家庭が自由に好きな電力会社と契約が結べるようになりました。それにより、電力の使用量などから他社と比較をして、自分の家庭に合った電力会社を選べます。電力自由化に伴い新たに参入してくる電力会社もでてくるので、価格やサービス内容、発電内容などをよく理解し、選択する必要があります。電力自由化により参入してくる新規会社では、大手の通信会社や石油の元売り業者、ガス会社など様々な参入があります。これらの多くの会社を見比べるのは、利用者の立場とすればなにを選べば良いかわからないとの声が多いです。その為、インターネット上では、電力自由化に伴う各電気会社のそれぞれのメリットやデメリットなどの情報やプラン内容を詳細に記載した、比較できるサイトが立ち上がっているので、参考にすればわかりやすいでしょう。しかし電力自由化といっても、流れる電気は従来通りです。変えたからといって停電や電力不足になるなどといったことはないので、安心できます。また、電力自由化は日本全国どこでもできるシステムです。戸建てだけではなく、マンションなどの集合住宅でも選択が可能なので、日本人すべてに関わることといえます。電力会社のメリット、デメリットをよく知り、比較し、検討することで電気がお得に使えるかもしれません。

電気の節約対策に役立つ

電力会社が自由化となり、電気料金が簡単に節約できるようになりました。それをさらに手助けしてくれるのが電気料金が比較できるサイトで、世帯ごとの情報入力で電気料金をすぐに表示してくれます。これを利用すれば電力会社選びもスムーズにできるため、賢い節約対策ができます。