電力自由化は比較すれば更に費用を抑えられる

電力小売の自由化

グラフ

競争過熱による料金値下げ

一般家庭における電力自由化が2016年4月から始まったことで、電力会社を消費者が自分で選択できるようになりました。新しい電力会社に乗り換えようと考えても、そもそも電力自由化とは何なのかがあまりよく分かっていないようでは不安です。まず、電力自由化とはそれまでの地域独占による規制を緩和し、新たな会社を参入させることで我々利用者の選択肢を増やすための改革です。これまでは、ある地域に住んでいる方はその地域の決まった電力会社を使わなければいけなかったのですが、電力自由化以降は新たに参入した電気会社から、各会社が提案する料金プランなどを比較しつつ自分の好きな会社を選ぶことができます。新たに異業種の会社を電気会社として参入させることで競争を活発化させ、電気料金の抑制を図ることが電力自由化の狙いです。実は電力自由化自体は2000年にすでに始まっていました。そのころはまだビルや工場といった大きなところを対象としていたため、一般的にはあまり知られていなかったようです。その後、徐々に対象を広げていき、最終的に一般家庭の電力自由化に至ります。新たに参入した電気会社は、独自の料金プランを提示し顧客獲得に力をいれ、会社によっては基本料金を無料にしたり、他のサービスとセットで販売するなど、そもそもの電力自由化の狙い通りに競争が過熱しています。電力自由化により消費者の選択肢は確実に増え、これからさらに電気料金も安くなっていくことが期待できそうです。